唇の乾燥を防いで縦じわをつくらない!

カサカサ唇にならないためには?

唇を乾燥させない

唇の縦じわが目立ってしまう原因に「唇の乾燥」というものがあります。

 

乾燥してカサカサになっていると薄皮が剥けて、その部分がすごく目立ってしまうんですね。キレて血が出ていたりするとサイアクで、魅力的な唇とは到底言えません。

 

唇の乾燥はビタミンB2不足。

 

まずは不足したビタミンB2を補うように食事に気をつけてみましょう。たとえば納豆やタマゴ、うなぎやレバーなどがビタミンB2を多く含む食材です。

 

「なんだか唇が乾燥してきたな」

 

そう感じたら上記の食品を積極的にとりたいですね。

 

また、唇には水分や脂分を自ら補うことは出来ません。乾いているからと言ってなめたりしているとさらに乾燥することになります。また唾液に含まれる消化酵素や塩分のせいで炎症をおこしてしまうことも。

 

これは「舌なめずり皮膚炎」と言われるもので、多くの人がかかっているのに原因を理解していないという症状なのです。乾燥していても舐めることはせずに、リップクリームなどをすぐに塗るようにしましょう。

 

またリップクリームを塗るときも、横に塗っていくのではなく、縦に塗るようにしてください。唇の組織は縦になっているのでそれに沿って塗るということが大事なポイントです。

 

リップクリームを選ぶときは「第3類医薬品」の製品を選ぶと良いと思います。これなら医薬品ですので荒れてしまった唇を治す効果があります。

 

それから、風邪をひいたときや花粉などのせいで鼻が詰まっているときも注意が必要です。

 

口で息をすることで唇がどんどん乾いていくのです。それくらい呼吸というのは乾燥を引き起こすんですね。できるだけ鼻呼吸を心がけたいですが、どうしても無理な場合はマスクをするようにしてください。

 

口で息をしても、マスク内の湿気で唇が乾燥するのが防げます。

 

そして、唇の乾燥がマシになってきたら、このグロッシーリップでセクシーな唇を作ってくださいね!